学費ってどれくらい必要なの?


学費

高校から先の進学は義務教育ではなく様々な費用がかかってきますが、
公立と私立では必要となる学費に大きな差が出てきます。

公立高校は授業料はかかりませんが
入学金や修学旅行費などの学校費用が3年間で約70万ほどかかり、
私立では学校により差がありますが、
授業料と学校費用を合わせて3年間で約217万ほどかかります。

大学の場合は国公立では4年間で入学費と在学費を合わせて約518万、
私立では大学や学部により違いますが、
文系で4年間で約690万、理系では約812万ほどかかります。

専門学校に進学する場合は分野が様々ありますが、
初年度は平均で約123万円で
2年時以降はそこから入学金平均の約18万を引き実習などの頻度の変化により
学費は上下します。

予備校に通う場合は通う予備校や理系か文系かにより違いが大きく、
現役生が通う場合は年間で40から100万で
浪人生が通う場合は53から225万と差が大きくなります。

これには夏期講習の値段は入っておらず、
受講したい講義数だけ費用は大きくなります。

また実家か一人暮らしかでも学費以外で必要とする費用は変化が大きく、
習い事や教室などに通っている場合も
それぞれの学費に足して考えなければなりません。


おすすめ記事

学費と教育内容は比例する?